釣りに夢中で、置き引きにあってしまった(号泣)

僕は千葉県在住のヨシキ、28歳です。
僕の唯一と言っていいほどの趣味は、釣りです。
千葉は釣りをするのは絶好の県なので、小さいころから釣りをしています。

千葉といえば海なんですが、最近は湖でのルアーフィッシングにはまってます。
高滝湖とか、亀山湖にはよく行きます。

それらの人気のフィッシングスポットだけじゃなく、人気の無いフィールドに出掛け自由に竿を振れるフィッシングが大好きで、週末ごとに愛車のフォレスター(5年落ちの中古)を飛ばし、時には素晴らしいポイントが連続する隣県にまで出掛けて楽しんでいます。

どこのスポットかは内緒(笑)。このブログを見て、人が殺到しては困りますので。
って、このブログ、誰も見てなかもしれないから関係ないかも。ヾ(ーー )ォィ

でも、その場所が場所だけに、トラブルに巻き込まれるケースも結構あるんです。
例えば、路肩に駐車しようとして縁石の角を派手に踏んでタイヤをパンクさせてしまったり、駐車場から炎天下の中、片道30分もあるポイントを往復した揚句、熱中症一歩手前の危ない症状となってしまったり・・・

その中でも悲惨だったのは、置き引きに遭い財布や携帯電話といった貴重品全てを盗まれてしまった時です!
あの時はめちゃくちゃショックでした。久しぶりに海釣りをしようと出かけた日です。

その日はまだ暗い早朝に、海岸近くの防潮堤裏にある人気の無い駐車スペースに車を停め、海岸線に向かいました。

釣れる絶好の時合いが迫っていて、気分は焦る一方。
駐車場所から海岸線までは数百メートルは歩かなければならず、準備もそこそこに場所取りに急ぐ必要があったんです。

その際にやらかしてしまった痛恨のミスが、ドアロックを完璧にしたと思い込み、実際は何もしていなかったという事。
そう、誰でも僕のフォレスターのドアを開けられる状態だったんです。

数時間経過し、釣果はまあまあ。
満足して、車まで引き返してきた私がドアに手を掛けると、何もせずにドアが開く事に気付き、その瞬間嫌な思いが頭をよぎりました。

果たして時すでに遅し。
車内からは貴重品が綺麗さっぱり無くなっていて、地元警察に盗難届を出さざるを得ない展開に。
車内には財布を置きっぱなしで、1万4000円が綺麗さっぱり無くなってしまいました。
おかげで次の月からしばらく、夕食はカップラーメンになってしまいました(゚◇゚)~ガーン

貴重品を肌身離さず持ち歩かない自分のミスでしたね。
あの時ほど、頭が真っ白になって放心状態になったことはなかったですね。

とにかくみなさん、車のキーロックはしっかりしましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です